カテゴリー別アーカイブ: STM32

STM32F401CCU6 STEPPING MOTOR CONTROL1

STM32F401CCU6開発ボードでSTEPPING MOTORを動かします。まずは、Rotary  Encoderを計測してみました。
Encoderの読み込みには、TIM3を使用しました。

エンコーダー 元 AB 相 5-24v 400 パルス 増分の光学式ロータリーエンコーダー 本体サイズ 39 * 35.5 mm NPN 出力
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC-5-24v-%E5%A2%97%E5%88%86%E3%81%AE%E5%85%89%E5%AD%A6%E5%BC%8F%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC-%E6%9C%AC%E4%BD%93%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA-35-5/dp/B076Q5W251

MXの機能で「Encoder Mode」を設定すれば、コードを自動生成してくれます。
STM32F401CCU6は、USBも使用できるのでCDCでEncoder値を取り出せます。USB CDCもMXでコードの自動生成ができます。

STM32F401CCU6は、小さいですが高機能です。ピン数が少ないので、大きなシステムは組めませんが、単機能であれば十分な性能を生かすことができます。

STM32F051C8T6 PWM


PWMを試しました。LEDの輝度変更で確認しました。
STM32CubeIDEを使用しているのでSTM32CubeMXでコード生成が行えます。PWMは、TIM2を使用しました。設定方法さえわかればかなり簡単に実現できます。開発環境の重要性がわかります。

デバッグは、ST-LINK/V2で行っています。

STM32 Development Small Boards

海外通販サイトから小型のSTM32開発ボードを取り寄せました。
https://jp.banggood.com/ARM-Cortex-M0-STM32F051C8T6-STM32-Core-Board-Minimum-Development-Board-p-1316132.html?rmmds=mywishlist&cur_warehouse=CN
https://jp.banggood.com/STM32F401-Development-Board-STM32F401CCU6-STM32F4-Learning-Board-p-1568897.html?rmmds=myorder&cur_warehouse=CN
STM32F401CCU6とSTM32F051C8T6です。

STM32F401CCU6は、Cortex-M4、84MHz、FLASH 256kB、RAM 64kBの小型高性能のマイコンです。
https://www.stmcu.jp/stm32/stm32f4/stm32f401/12214/
STM32F051C8T6は、Cortex-M0、48MHz、FLASH 64kB、RAM 8kBの小規模マイコンです。
https://www.stmcu.jp/stm32/stm32f0/stm32f0x1/11868/
STM32CubeIDEで開発予定です。

STM32F103 WITH LCD

格安のSTM32F103C8T6ボードでLCD表示です。
開発環境は、STM32CubeIDEを使用しました。デバッガもST-LINKの格安コピー品です。
LCDは、3.3V動作LCDキャラクタディスプレイモジュール 16×2行 バックライト付白抜きを使用しました。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-04794/
STM32CubeIDEは、コードが自動生成でき、FreeRTOSの使用も選択できます。

© 2014 Spineedge Corporation.